ベジセーフで失敗しないための【お役立ち情報】

【ベジセーフ】の良いところや悪いところなど

こんにちは、わたくし横山といいます。

今日は、【ベジセーフ】の良いところや悪いところなど、失敗しないためのことをいろいろお伝えしたいと思います。

また、最後のほうで、とってもお得に買えるキャンペーン情報もご紹介しますので、【ベジセーフ】で損しないためにも、どうぞお見逃しのないようにしてくださいね。

【ベジセーフ】とは?

野菜は毎日食べたいけれど、ただでさえ高騰してる野菜の価格で悩んでいたので、少し高めの有機栽培野菜を購入するのはためらってしまう日々だったんですね。

でも、農薬を使ってる野菜をそのまま食べるというのにも抵抗があって、なんとかできないかと悩んでたらベジセーフというものを見つけたんです。


ベジセーフは99.9%純水でできていて、安心して使うことができるのがメリットの野菜や米・果物洗い専用水でした。

洗うだけでウイルスや菌・放射性物質・農薬を除去することができると言うんです。

農薬を使ってる野菜は虫もつかないので見た目がとてもきれいですけど、農業をしてた実家で育った私から見ると、それはそれでちょっと心配でした。

農薬は水だけではきれいに落とすことが難しいですし、だからといって洗剤で洗うわけにもいきません。

なので、妥協して食べるしかありませんでした。

でも、今はベジセーフがあるので大丈夫になりましよ。

原料はアルカリイオン水素水で、イオンパワーで汚れをしっかりと落とすことができます。

ベジセーフを使うと、普通では目に見えない状態で付着した展着剤が溶け出してくるので、使った後に出てきた液体を見て驚いたりもしますよ。


展着剤はまだ色がついてるので見た目でわかりますけど、農薬は透明なのでわからないんです。

ちなみに展着剤は、農薬の効果を一層安定させる働きがある薬剤のことです。

見た目はキレイでも、結構野菜や果物には農薬や展着剤がついているんですよね。

また、ベジセーフには炭酸カリウムも使われているのですが、これは植物の灰分中にもよく含まれているものなので、小さい子どもが触って肌についても安全です。

もちろん香料や着色料、界面活性剤などは全く使われていません。

また使い方もすごく簡単で、まず野菜をボウルやお皿などに置いてベジセーフを適量ふきかけるだけでいいんです。

ポイントはまんべんなくふきかけるということです。

ふきかけた野菜を優しくコロコロと転がしてみると汚れが落ちてくるので、あとはきれいな水ですすぐだけでいいんですよ。

【ベジセーフ】の口コミを調べてみた!

せっかく使ってみようと思ったので、買う前にベジセーフの口コミをチェックしてみたんです。

やっぱり実際に使っている方の声は信頼できると思いますので、口コミ情報は重要な判断材料になります。


■良い口コミ

ベジセーフのよい口コミとしては、使い方が簡単だし落ちた汚れが目に見える形ではっきりとわかるので、より安心するという声がありました。

また冷蔵庫で保存する時にも汚れをしっかり落としてから保存しておくと長持ちしている気がする、味が普通に食べるよりもおいしく感じる、使った後に食べる時はもちろん、使っている時にも肌に刺激を感じることが全くないので安心して使えるといった口コミがありました。

ベジセーフを使った後の汚れた水を見ると、これから使わずに野菜などを食べるのは怖すぎてできないというその効果の高さを実感しているという声もありました。

実際に使っている所の写真を撮影している人も多いですが、どれを見ても使った後の汚れがすごく出ているのでこれは効果がありそうだなと感じました。

ベジセーフという名前の通り、基本的には野菜や果物などに使うものですが、除菌効果を得ることができるということから小さなお子さんのオモチャなど口にしてしまうこともあるものにも使っているという方もいました。

確かに口にしても大丈夫なものでできていて、除菌効果まで得ることができるのでオモチャの除菌をするのにはぴったりかもしれません。

ベジセーフはスプレー容器を採用しているので、様々なものに使いやすいという点も評価がされているところでした。

ちなみに除菌と書いてありますが、ベジセーフで除菌できるのはO-157やサルモネラ菌、大腸菌、流行しやすいインフルエンザなどのウイルスや菌などがあります。


■悪い口コミ

そして悪い口コミはあるのかと言いますと、ほとんど見かけませんでした。

見かけたものとしては、効果そのもののことではなく、価格が少し高く感じるのでベジセーフの価格がもう少し安ければ継続して使いやすいし、気軽に購入できるのにという口コミやいきなり現品を購入するのではなく、お試しできるようなミニサイズのものがあったほうがうれしいといった声が出ていました。

【ベジセーフ】が選ばれてるワケ!

ベジセーフのどんなところが好評となっているのかといいますと、大きく分けて3つの特徴があります。


■使ってる水は0.1%以下の炭酸カリウムで作った99.9%純水のアルカリイオン水!

まず1つめは0.1%以下の炭酸カリウムで作られた99.9%純水のアルカリイオン水を使っているというところです。

野菜を洗うのにぴったりなPHになっているので汚れが素早く落ちます。


■水素イオン濃度は30秒で死滅するPH12!

そして2つめは水素イオン濃度がPH12であることです。

これは食中毒菌であればなんと30秒で死滅してしまう濃度です。

ベジセーフであればこのように短時間で除菌をすることができるので安心して使うことができます。


■野菜や果物だけでなくお米にも使える!

3つめは野菜や果物はもちろんですが、なんとお米を洗う時にも使うことができる点です。

日本人なので、ほとんどの方は毎日お米を食べていると思います

しかし、お米も例外ではなく、育てている環境で無農薬というところはあまりないですから、しょっちゅう食べるものであるだけに気になるところです。

しかしベジセーフを使えばお米でさえも安全に食べることができる食べ物になるので安心です。

日本は農薬を使う国ランキングで7年前の2010年度の調査によると世界で第3位に入っていて、これは野菜やお米などが虫に食べられたり、病気にかかったりしないようにということから使われています。

農薬を使った食べ物は見た目にはきれいな状態ですからおいしそうに見えます。

ただカラダのことを考えると、毎日少しずつ口に入れていては将来的な健康のことが気になってしまいますよね。

ベジセーフはあくまでもお水で作られているものなので余計なものが一切入っておらず、大人もそうですが、特に小さい子供さんがいるご家庭ではうれしい商品だと感じる方が多いと思います。

しかも水といっても水道水のようなもので作ったのではなく、特殊フィルターでろ過した上でさらに電気分解をしたアルカリイオン水なので人が食べるものや口にする可能性があるものの汚れをとったり、除菌するのには最適なのです。

ベジセーフで洗うことによる野菜や果物などの栄養の流出ですが、水溶性の野菜などであれば多少の栄養分の流出はありますし、すでにカット済の野菜や傷がついている野菜などに使うことで栄養分が少し流出するということはあります。

しかし、そういったことをなるべく避けるために「素早く」汚れを落とすことができるようにこだわっているのです。

【ベジセーフ】の効果的な使い方!

ベジセーフを効果的に使うには、野菜などをカットする前に使うということです。

カットしてしまうとせっかくの栄養分まで落ちやすくなってしまうので必ずカットする前の状態で洗うようにしましょう。

そして土などがついているものであれば、あらかじめ土などを軽く洗い流してから使うほうが、野菜そのものについている汚れがとれる様子を見やすいのでおすすめです。

また洗い方ですが、トマトなど丸い形のものはボウルなどの中でスプレーをして軽くもみ洗いをしてからきれいな水で洗い流して使います。

ピーマンやパプリカなど少し大きめでへこんだ部分のある野菜は、直接野菜にスプレーをした後で、手で軽くこするようにして洗うのがコツです。

そして、その汚れをきれいな水で洗い流してから使うようにします。

葉もの野菜の場合はできれば1枚1枚をはがし、まんべんなくスプレーをかけてから優しくもみ洗いし、きれいな水で洗い流すほうがよりきれいに汚れなどを洗い流すことができます。

また、お米を洗う時にはボウルなどに入れてあるお米に直接ベジセーフをスプレーし、そのお米をかき混ぜるようにして汚れを落とします。

十分にとれたかなというタイミングで水を加え、少しかき混ぜるように洗ってから汚れた水を捨て、今度はきれいな水ですすぎをしてから炊くようにします。

オモチャやまな板などにもベジセーフは使うことができるので、軽く数回スプレーをしてからティッシュやふきんなど、汚れてもいいものでとれた汚れをふきとるようにします。

まな板の場合はスプレーをして汚れが浮いてきた後できれいな水で洗い流すのが良いです。

毎日使う調理道具なども同じように除菌をすることができますので、気になるものにスプレーを数回して洗うのも良いですよ。

【ベジセーフの使い方動画】
※再生後、右下の四角いカッコをタッチすると全画面表示に変わります。

【ベジセーフ】の良いところ!

ベジセーフを使うメリットはどんなところがあるかというところですが、やはり使う側としてうれしいのはコストパフォーマンスの良さです。

ベジセーフは通常価格が1500円ほどするので価格だけを見てみると少し高いように感じるのですが、1本で400ml入っており、なんと1200回分スプレーをすることができます。

そういう意味では実は高いというわけではないんです。

しかも、野菜や果物、米などの専用水ということで販売されていますが、実際のところ水でできていますので、食べ物以外にも使うことができます。

そのため、お掃除の時に使ったりもできるのが便利なところです。

使うものが限定されているのはもったいないですが、家の中にあるものはもちろん、ほとんどの物の除菌に使うことができるのがメリットです。

そして人間の体にも環境にも危険がなく、安心して使えるということも大きいです。

小さいお子さんがいる家庭やペットを飼っている場合、いつ除菌したものを口に入れてしまうかわからないため、こういった気軽に使うことができるものというのはあるとかなり重宝しますし、実際にそう感じている人がとても多いです。

野菜などには農薬はもちろん、農薬が雨などで流されてしまわないように使う展着剤も使われていることがあります。

普通に水で洗うだけですと汚れを落とすことはできますが、この展着剤でしっかりとつけられている農薬は水だけで落とすことはかなり難しいです。

ベジセーフで洗うとこの展着剤が落ちた時に黄色っぽい液体が出てきます。

洗った時に黄色の液体が出てきたら農薬などがちゃんと落とせたという証拠なのでわかりやすいです。

ただし、必ずしも野菜全てに展着剤を使っているわけではないので、場合によっては黄色の液体として出てくることがないこともあります。

【ベジセーフ】の悪いところ!

ベジセーフの悪いところというのは特にはありません。 あえて言うのであればスプレータイプですから、スプレーをする向きをうまく調整しないと周囲まで濡れてしまうことがあるということでしょうか。

もちろん99.9%がアルカリイオン水ですから、濡れてしまっても色落ちしてしまうものじゃない限りは乾いてしまえば問題ありませんし、使うのは主にキッチンですから布巾などでふいてしまえばいいので大きなデメリットではないです。

また薬局やドラッグストア、スーパーなど手にとって見ることができたり、必要な時にすぐに購入して使うことができるというわけではないので、それについても不便だという点はあります。

ベジセーフはインターネット通販でのみ購入できるものなので、欲しい時にすぐに買って使うことができないという点は不便なところかもしれません。

他にはあくまでも野菜などを洗うための商品ということで、野菜を除菌するためにはまんべんなくスプレーする必要があり、特に葉もの野菜ですと完全に除去するのは少し大変だということもあります。

レタスやキャベツなどは独特のしわがありますので、その間まできれいにするのはすこし苦労するところです。

もみ洗いのように汚れをとる必要があるため、しわのある野菜はそのしわの間も指を入れてきれいにしなければいけません。

そういった細かな手作業が面倒だという方にとってはデメリットといえるでしょう。

ベジセーフをスプレーして数秒で汚れは落ちてきますが、もし頑固な汚れがついていてなかなか落ちないようであればスプレーをつけてから長めの時間をおくようにすることできれいにとることができます。

デメリットが少ないということはやはり使いやすいものであるということになると思います。

【ベジセーフ】のキャンペーン情報♪

ベジセーフを使ってみようとお考えの方は、キャンペーンサイトから定期コースに申し込むと、かなりお得に購入することができます。

通常購入で、その都度買いをする場合、400mlのボトル1本で1500円となっています。

定期コースの場合だと、初回のお値段はなんと3倍の量の1200ml、3本分入った詰め替えで1500円となっているんです。

送料に関してはいつでも無料なので余計な費用は全くかかりません。

また、定期と言ってもお届け周期変更や休止、解約はいつでも受け付けてもらえますし、20間全額保証もあるので、安心して購入出来るようになっています。

ベジセーフが初めての方、また、今までつかっていた野菜洗いのお水で満足できていない方も、どうぞこの機会にお試しになってみて下さい♪


キャンペーンサイト

【ベジセーフ】のキャンペーンサイトはコチラへ


■LINK■